賢い太陽光発電ファンドの選び方!

太陽光発電ファンドで自然エネルギー普及を促進できる

社会全体のエコロジー意識が高まり、発電方法についての関心が高まったこともあって、いわゆる自然エネルギーが注目を集めています。その中でも特に人気があるのは、太陽光発電です。一般家庭や企業の屋根にパネルを設置するだけで発電できる効率の良さもあり、日本のみならず全世界で爆発的に普及しています。
屋根に設置したパネルによる発電だけではなく、遊休農地やゴルフ場跡にパネルを敷き詰めることで、メガソーラーという太陽光発電所を建設する動きも強まっています。ただ、莫大な費用が必要となるため、事業者はファンドという出資方法で資金を募ります。たとえば1億円が必要な場合は、1,000人に10万円ずつ出資してもらえば良いですね。これらの出資者に配当を行うのがファンドであり、株式に似た仕組みです。

安心できる太陽光発電ファンドの選び方

自然エネルギー普及を目指す国の政策に後押しされていることもあり、太陽光発電ファンドは個人にとっても有望な投資先となっています。ただし、株や銀行預金などと同じように、どこに投資しても同じというわけではありません。そこで選び方について考えてみましょう。
まずはファンドが建設する予定のメガソーラーの立地です。土地の価格が安くて日当たりが良ければ、効率よく太陽光発電を行えると考えられます。それに加えて、豪雨や地震といった自然災害のリスクが少ない土地であれば、投資先として優秀なファンドであると言えます。
もちろん、あらゆるリスクはゼロではありませんから、事業者が保険に加入しているかどうかも確認しましょう。ファンドの説明会が行われる場合は参加して、リスク管理や資金繰りについて質問することで、安心して投資を行えます。

© Copyright Energy Search. All Rights Reserved