太陽光発電ファンドの将来性!しくみを理解して上手くつきあう!

太陽光発電ファンドの仕組み

太陽光発電ファンドは、一般の個人などから出資金を集め太陽光発電所を建設し、電力を電力会社に売ることで得られた収益からファンド会社の経費や運用費等を引いた利益を出資者に分配する仕組みです。
ファンドを運営する会社は出資された資金で太陽光発電所を建設・運営することができます。ファンドの会社によって違いますが利回りが高いことが出資者には人気の理由にあげられます。太陽光発電は個人で設置する場合、発電容量も小さく余剰買取が適用され買取期間も10年ですが、太陽光発電ファンドの場合は、発電した電力は全量買い取られる「再生可能エネルギー全量買取制度」が適用され、買取期間も20年という長期にわたるため安定した収益が期待されています。

太陽光発電ファンドのメリット

現在、再生可能エネルギーは注目され普及が急がれていますが、個人で貢献するのは難しい側面があります。太陽光発電ファンドに出資することで、再生可能エネルギーへの取り組みに参加することになり、売却益を受け取りながら社会貢献ができます。
また、利回りも会社によって違いますが8%前後の高利回りです。太陽光発電所は、建設されれば太陽光によって発電を続け、電力は法律により20年間固定価格で売電されます。そのため太陽光発電は長期的に安定した稼働が見込まれ高利回りが期待されるのです。パネルが故障した場合はメーカーによる保証があり、修理・交換ができ、発電所の設備はファンド会社で保険をかけ万が一の災害時の対策に備えています。

© Copyright Energy Search. All Rights Reserved